ニキビ跡に効果的な薬・化粧水ランキング19

つぶさなければ良かったニキビ

私は20歳になるまでは、ニキビとは縁がない生活をしていました。

ところが、20歳を過ぎたあたりから?にニキビが出来るようになって、母から「触ってはダメ」と言われていたのですが、つい気になって触ってしまい、おまけに化膿してきたら、爪で押さえて、中の膿と芯を取り出したりしていたので、そのニキビ跡が残っています。

つぶさなければ良かったと、後になってかなり後悔しましたが、一度出来てしまったニキビ跡はなかなか消えなくて困りました。

今でも、大人ニキビが時々出来ることがありますが、そんなときには、オロナイン軟膏を塗るようにしています。効能書きに「にきび」と最初に書いてあるので、きっと効果があるのだと思います。

今のところ、オロナイン軟膏でニキビは化膿することなく、治まってくれています。

ニキビには肌の乾燥が良くないということなので、特に乾燥気味になる今の季節はニキビが出来やすい季節になります。

寝るときもエアコンの暖房を入れたまま寝ているので、肌がかなり乾燥しているようです。

肌は皮脂が不足すると、どんどん皮脂を分泌するようになって、それがニキビになると聞きました。それなので、肌は常に潤いを持っていなければならないということでした。

ニキビ跡には定期的にスクラブをして、古い角質層を取り除くことで徐々に目立たなくなるようにしています。時間はかかりますが、古い皮膚は剥がれ落ちるので、新しい皮膚がしたから出て来るのが楽しみです。


高校生の頃から悩まされ始めたニキビのこと

私は、高校生の頃ニキビができ始めました。中学生の頃は、全くありませんでした。しかし、周りの友人にはニキビ体質の子もおり、自分も気を付けなければと思っていました。だから、洗顔をしっかり行ない、汗をかいたらこまめに拭いたりして、肌を清潔に保つことを意識していました。それなのに、高校生になった途端、ニキビに悩まされることとなってしまったのです。

人一倍、ニキビができないように気を付けていたつもりでした。ニキビができやすくなってしまうと言われているチョコレートなどのお菓子類や、油っこい食べ物なども、なるべく控えていました。しかし、そういった食べ物を食べても、ニキビが全くできないという人もいます。だから、ニキビができるかどうかというのは、もはや体質の問題ではないかと思ったのです。私の両親も、かつてはニキビに悩まされていたそうです。そのことを聞いた時、遺伝的要素がかなり影響しているのではないかと思ったのです。

できてしまったニキビは、なくなるように努力しなければなりせん。また、それ以上増殖しないようにも留意する必要がありました。食べ物は、引き続き気を付けました。そして、洗顔料や化粧水などをニキビ肌用のものに変えました。私が使用したのは、プロアクティブです。賛否両論ありましたが、私には合っていたようで、ニキビはどんどんなくなっていきました。また、期待していた通り、ニキビのできにくい肌になることができました。

生まれ持った肌質を変えることはできません。しかし、自分に合ったスキンケア方法を地道に続けて行けば、肌は期待に応えてくれるということを身をもって証明することができたと思っています。

お尻ニキビ跡、放置しない!この季節のうちに完全に治す方法。